A組の記録
2019年11月28日 (木) | 編集 |
2017.09.20
n20170920-1.jpg

n20170920-2.jpg

A組のマカロン♂7歳(上)とモモエ♀7歳(下)。正確に言えば、ボラを始めて一番最初に会ったのは、マカロンとモモエだね。そのときは、まだシェルターには来てなかったけど。
おじいちゃんとおばあちゃんが、ものすごく可愛がっていたから、人馴れはバツグン! 年齢がちょっと高いのと・・・顔が個性的?(苦笑)なのがネックなのかなぁ。

スポンサーサイト



A組の記録
2019年11月28日 (木) | 編集 |
2017.08.11
シェルターに届け物のついでに、
トイレ掃除と、ご飯をあげてきたんだけど、

n20170811.jpg

相変わらず、ヘソ天。

A組の記録
2019年11月28日 (木) | 編集 |
2017.08.08
高齢の飼い主さんが亡くなられて、シェルターにやってきたA組。
2年前から相談のあった案件。「元気なうちに、次の飼い主さんが探す」と言っていたんだけどね・・・

シェルターにやってきた5匹が全頭<茶トラ>。
それまで、シェルターにいる茶トラは、ピン・のぞむ・ランの3匹だったんだけど、一気に8匹。茶トラ率が高くなった。
その後、高齢のなると(13歳)と、目が悪いタマ(7歳)がメンバー宅で療養することになり、
現在、A組は3匹。
ずっと可愛がられてきたので、人馴れはバツグン!

n20170808-1.jpg

・・・テーブルの下で、ヘソ天で寝ている、マカロン。無防備。

作業している間、ケージの中で寝ていたんだけど、

n20170808-2.jpg

やっぱり、ヘソ天で(笑)
写真を撮ってたら、

n20170808-3.jpg

どアップ(笑)
愛嬌たっぷりだね。

A組は全身茶トラというのが多かったんだけど、モモエは茶白。

n20170808-4.jpg

歯が悪かったので、抜歯した。

n20170808-5.jpg

8本も抜いた。
猫は、歯がなくてもちゃんとカリカリを食べることができるから、その点では心配ないんだけど、人と同じで、顔が老けるね・・・

作業中は、ケージの中のテントで就寝。

n20170808-6.jpg

寝相が可愛いなぁと思って、写真を撮ってたら、

n20170808-7.jpg

起こしてしまった。・・・すごく恨めしい顔してる・・・ごめんね。

もう1匹のキク。マカロンも人馴れバツグンだけど、さらに馴れてる。

n20170808-8.jpg

全身茶トラの♀。茶トラ全体の2割の確率でしかいない。稀少。
マカロンは長尾だけど、キクはボンボリ尻尾なので、見分けるのが簡単。
キクとモモエは同じ年のはず。7歳。

3匹とも、年齢は高いけど、大人しいし、人馴れしているので、新しい飼い主さんとご縁があるといいなぁ。
なぜか、犬さんの場合、高齢でも新しい飼い主さんが見つかることが多いんだけど、猫さんの場合、非常に少ない。
どうしても、<子猫>が優勢。
「子猫って大変ですよ~」って言うんだけどね。

「猫とま~ったり暮らしたい」
そんな風に言ってくれる人、いないかなぁ。

A組の記録
2019年11月28日 (木) | 編集 |
2017.06.12
子猫のシーズンもピーク。
あちらこちらから、子猫の保護(捕獲?)の依頼が入って、メンバーは捕獲機を持って、走り回っている。
この時季に連絡が入るのは、生後2ヶ月半から3ヶ月。動き回るようになって、人目につくようになるころ。
それだけに、捕獲するのも大変だったりする。もう、手で摑まえるのはムリだからね。走る走る。人の気配を感じて、即逃げる。
捕獲機をセットしたからといって、すぐに捕まるわけじゃないから、時間もかかる。仮に子猫が4匹いたら、4回セットすることになるわけだし。

ということで、シェルター当番のメンバーさんが忙しいので、私がピンチヒッター。
ちょうど、なるとのことが心配でもあったし。
先週、なるとの様子を見て、「緊急性はない」と判断。しかし念のためと、血液検査をしたところ、やっぱり、どこもなんともなかった(笑)よかったね。

そのなると、

n20170612-1.jpg

シェルターに行くと、真っ先に迎えにくる。おじいちゃんとおばあちゃんが、とても可愛がっていたから、人馴れバツグン。高齢だけど。
<なると>と呼んでいるけど、たぶん、<ちくわ>だと思う。本当の名前は・・・?(笑)

食欲は、以前の「食べない」ということはないようで、「ムラがある」ということらしい。
さて、そんななるとに、自分からご飯を食べさせるには・・・<ご飯=おいしい!>と思わせること。
そのために、ちゅ~るを持ってきた。

n20170612-2.jpg

これは、おやつのちゅ~るではなく、総合栄養食のちゅ~る。チューブタイプの液状フードってことかな。
さすが、ちゅ~る。いい食いつき。
そのあと、介護食を食べたり、スープの多いパウチを食べたりで、ムラはいい方に出てた(笑)

n20170612-3.jpg

「アタシもちょうだい!」とやってきたのは、キク。
この2匹は先週写真が撮れてなかったから、ちょうどいい。

n20170612-4.jpg

キク♀7歳。マカロンの姉妹。
ちなみに、茶トラの♀は少ない。茶トラ全体の2割くらい。ほとんどが♂。

n20170612-5.jpg

顔半分を隠していることが多い、モモエ♀7歳。テントをベッドにしていたので、ちゅ~るを少々。寄ってこないけど、人馴れしてないわけじゃないみたい。

n20170612-6.jpg

風邪は治ったみたいで、鼻水は止まってた。

まだ、おじいちゃんが生きてるときに来たのが、マカロン♂7歳。

n20170612-7.jpg

ヘソ天で転がってる。本当に茶トラらしい。

n20170612-8.jpg

顔は年齢的なこともあり、あまりハンサムとは言えないけど、性格は◎!
おしゃべりってほどは、鳴かないけど、返事はする。

A組(5匹)の最後は、眼圧が上がっていて、点眼治療中のタマ。
点眼しなきゃいけないんだけど

n20170612-9.jpg

ランとくっついて離れない。まるで、ランがタマを守ってるみたい。
「タマ~っ」って呼ぶと、ランが「シャーッ!!(かかってらっしゃい!!)」と反応する・・・
結局、点眼できなかった。「タマの目が悪くなったら、ランのせいだからねっ!!」 捨てセリフ。

A組の記録
2019年11月28日 (木) | 編集 |
2017.05.02
せっかく来たので、新入りさんの顔を確認。

多頭飼養ではなく、高齢のご夫婦(おばあちゃんは亡くなったそう)からの依頼でねこ親探しをしている案件。私が会のお手伝いをすることになって、最初の案件だね。ちくわとなるとの兄弟。その後何匹かは新しいお家に行っている。

n20170502.jpg

マカロン。ここの猫たちは、みんな茶トラで、人馴れしているから、しばらくして環境に慣れたら大丈夫だと思う。今はひたすら、恐い。